Japan

デービス・ポークは、日本企業又は日本市場が関わる複雑なクロスボーダー案件において業界をリードするリーガル・アドバイザーです。

東京オフィスの弁護士は、資本市場取引及びM&A双方において卓越した手腕を有しており、他にはない強みの組み合わせをクライアントに提供しています。クロスボーダーの事業再生、ファイナンス案件、反トラスト法・競争法関連、訴訟及びグローバル・エンフォースメント及び当局調査についても豊富な経験を有しています。

東京オフィスのメンバーは米国及び日本において豊富な業務経験を有しており、全ての弁護士が日本語に堪能であり、日本のビジネス環境に米国法がどのように作用するかについて精通しています。問題点を日本語又は英語のいずれでも分析・説明することができる点、またクライアントのビジネス上の目的や意思決定プロセスに即した戦略的かつ理に適ったアドバイスを提供する点をクライアントから高く評価されています。

日本のクライアントに対して、東京在任の精鋭チームと世界各国のDavis Polkオフィスのメンバーとが緊密に連携して提供する業界トップクラスかつタイムリーなアドバイスを提供することが可能です。

アジアにおける当事務所のその他の業務についてはこちらをご参照ください 。