Top of page

クリストファー・コダマ

弁護士

クリストファー・コダマ

パートナー
コーポレート
Tokyo

様々な国際的なキャピタルマーケッツ案件の助言を日本及び海外の企業や金融機関に対して行っております。日本語に堪能。

クリスは、日本及び国際的な大手企業や金融機関、日本の政府系機関に対して、IPOや株式のフォローオン・オファリング、シニア債や劣後債の発行及びSECへの発行登録やMTNプログラムの設立を含む、様々な国際的なキャピタルマーケッツ案件についてアドバイスを提供しています。同氏は、日本の大手金融機関による証券発行案件において、規制資本商品、カバードボンド及びグリーン/サステナビリティボンドののSEC登録又は私募オファリングを含む、豊富な経験を有しています。

また、クリスは、日本企業に対し、米国における公開会社の報告義務やコーポレートガバナンスの規制に関連したアドバイス、また、クロスボーダーの公開買付け、スピンオフ、株式交換その他の米国証券法が関係する戦略的な企業間取引についてのアドバイスを提供しています。

言語
日本語
言語
日本語
債券/ハイブリッド証券
  • 三井住友フィナンシャル グループ、オリックス及びローパー・テクノロジーズによるシニア債のSEC登録発行
  • 三井住友フィナンシャルグループによるSEC登録及びルール144A/レギュレーションSに基づくTier2劣後債の発行
  • パナソニック、日本政策投資銀行、三菱HCキャピタル(旧:三菱UFJリース)、三井住友信託銀行、東京都及び地方公共団体金融機構によるルール144A/レギュレーションSに基づくシニア債の発行
  • 日本生命保険及び住友生命保険によるルール144A/レギュレーションSに基づく劣後債の発行
  • 三井住友銀行によるグローバルMTNプログラムの設立及び当該プログラムによるセクション3(a)(2)に基づくシニア債発行
  • 三井住友信託銀行による同行を共同保証人とする保証担保付プログラムの設立及び当該プログラムによるルール144A/レギュレーションSに基づく債券発行
  • みずほフィナンシャルグループ、トヨタ自動車、ナイキ、ネットアップ及びアラガンによるシニア債のSEC登録発行における引受側の代理
  • 下記の案件における引受側の代理:
    • NTTグループ、日産自動車、セブン&アイ・ホールディングス、豊田自動織機及び東海旅客鉄道によるルール144A/レギュレーションSに基づくシニア債の発行
    • 明治安田生命及び三井住友海上によるルール144A/レギュレーションSに基づく劣後債の発行
    • インフィネラ及びJDSユニフェーズによる転換社債の発行、並びにブロケードコミュニケーションズによるハイイールド債の発行
  • 三井住友フィナンシャルグループによるグリーン/サステナビリティボンドの発行
株式/エクイティ証券
  • プレイド及びスシローグローバルホールディングスによるルール144A/レギュレーションSに基づくグローバルIPO及び東京証券取引所上場
  • 下記の案件における引受側の代理:
    • ビジョナル、エイピア、ローランド、ソフトバンク、マクロミルマクロミル、カチタス、アルテリア・ネットワークス及びフォーラムエンジニアリングによるルール144A/レギュレーションSに基づくグローバルIPO及び東京証券取引所上場
    • 日清食品、リクルートホールディングス、ソフトバンク、アサヒグループ、SBI新生銀行、ナノキャリア及びそーせいグループによるルール144A/レギュレーションSに基づくグローバルフォローオン・オファリング
  • 普通株式/米国預託株式のSEC登録発行
  • によるニューヨーク証券取引所上場
  • による初の144A/レギュレーションSに基づくグローバルフォローオン・オファリング
  • SEC登録IPOの引受側を代理
  • SEC登録フォローオン・オファリングの引受側を代理

 

全ての業務経験を閲覧
受賞歴

Chambers Asia-Pacific and Chambers Global – Capital Markets: International: US Law, Japan

IFLR1000 – Capital Markets (Debt, Derivatives and Equity), Japan, Highly Regarded

Legal 500 Asia Pacific – Capital Markets: International Firms and Joint Ventures, Japan, Rising Star

学歴
ワシントン大学ロー・スクール, 修了
アリゾナ大学, 卒業
経歴
  • 2006年 当事務所入所
  • 2007年-2011年及び2013年-現在 東京オフィス
  • 2011年-2013年 北カリフォルニアオフィス
  • 2006年-2007年 ニューヨークオフィス
資格
  • Japan, Gaikokuho Jimu Bengoshi, Dai-Ichi Tokyo
  • State of California
  • State of New York
トップに戻る